性病検査STDチェッカー!郵送でのSTD検査は病院の検査と比べて信頼性は高いの?

STD検査『性病検査STDチェッカー』STD研究所性病検査STDチェッカー(STD研究所)は、性病検査をするための性病検査キットです。病院で性病検査をするのは恥ずかしいですが、性病検査STDチェッカーは自宅(自分)で検査物(検体)を採取するので手軽にできる性病検査になります。

なお手軽にできる性病検査ですが、それが信頼性の低下を意味するわけではありません。実際に検査物を送って検査をするのは、国から認可された登録衛生検査所になります。そのため、信頼性や精度いう点では、それほど気にする必要は無いみたいですね。

性病検査STDチェッカーで検査できる性病(性感染症)


性病検査STDチェッカーは、検査できる項目数によって男女別に数タイプの種類があります。一番多く性病や性感染症を検査できるキットは、次の性病検査キットになります。

●男性用(TypeR、8項目)
クラミジア、淋菌、HIV(エイズウイルス)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)

●女性用(TypeT、12項目)
クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ、細菌性膣炎、ヒトパピローマウイルス、HIV(エイズウイルス)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)

やはり女性の性病は、妊娠・出産・不妊症などと関係が深いことから、多くの項目が検査できるようになっています。なお検査の項目数が多いと検査キットの値段も割高になるのですが、それでも病院での性病検査費用(2万から5万くらい)と比べると安いですね。

最近では、恋人同士や結婚前のカップルがブライダルチェックとして受けたり、風俗で働いている女性が性病検査キットを利用するケースもあるそうです。

性病検査 STDチェッカー
posted by 性病検査STDチェッカー at 06:46 | 性病検査STDチェッカーの信頼性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。