再発リスクが高い性病が性器ヘルペス!治療には1年以上?!

潜伏力が強く、一度感染すると完治に時間がかかるとされている性病・性感染症(STD)がヘルペス(性器ヘルペス)です。このヘルペスは、現在でも完治薬が無いらしく、その治療は主に再発治療や再発予防治療になるそうです。

なお一般的に性器ヘルペスは、1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)の2種類があるのですが、現在のオーラルセックスの多様化で今では分類分けしないようです。ただ覚えておきたいのは、普通は性病といえば性器感染を思いつきますが、ヘルペスは口から感染することがある性病ということです。

次に性器ヘルペスの症状についてですが、感染後2日〜10日の潜伏期を過ぎると、患部付近に水泡ができ、さらに水泡は潰れ、潰瘍状になるそうです。痛みが出るのは、潰瘍状になってからで、中には神経痛を伴うこともあります。この神経痛により排尿障害や排便障害などを引き起こすこともあるそうです。

なおヘルペス感染者は女性の方が多いらしく、感染者のパートナーは無症状(7割程度)という報告もなされているようです。

性器ヘルペスに感染した場合の治療方法は、保険適用により抗ヘルペス剤(バルトレックス・ゾビラックス、内服薬)や、抗ヘルペス剤軟膏(塗り薬)で治療するのが一般的だそうです。ただし治療期間は、1年ほどにもなり、根気よく治療を続ける必要があります。

さらにヘルペスウイルスというのは、潜伏力が強いため体の免疫力が落ちることで再発するケースが多いそうです。特に神経節などに潜伏し、例えば風邪や疲労・ストレスなどで体の免疫力が落ちた時にヘルペスが発症するそうです。

特に女性の場合、月経のたびに性器ヘルペスが発症し、これにより精神的に追い詰められてしまう方が少なくないそうです。

●まとめ

【性器ヘルペスの症状】
・痛みを伴う! 水泡が潰れた後の潰瘍の痛みと神経痛。患部近くの神経麻痺。排尿障害や排便障害など。
・再発の恐れ! 疲労・ストレス・月経など体の免疫力が落ちると発症(再発)することがある。

【性器ヘルペスの感染や診断方法】
感染の有無を確認するには、性器付近に特有の水泡や発疹(浅い潰瘍など)ができて痛みや痒みを伴うため、すぐにわかるそうです。また水泡内のウイルス細胞検査などで感染の有無を調べることもできます。

特に治療期間が長く、また体の免疫力が落ちることで再発することが多い性器ヘルペスですが、性器周辺に違和感があるようなら専門医に診てもらいましょう!
posted by 性病検査STDチェッカー at 15:54 | 性感染症や性病の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。