女性に多いカンジダ膣炎(性器カンジダ症)!その症状や治療について!

女性に多い性感染症の1つにカンジダ膣炎があります。一般には、カンジダと呼ばれていますが、男性が感染すると性器カンジダ症と呼ばれています。特に性感染症や性病は、性行為によって感染すると思われがちですが、実はそれ以外でも感染することがあるんですね。特に女性の場合、性行為未経験者でも発症することがあるようです。

そもそもカンジダは、酵母の一種ですが、性器周辺や体の表面に存在する常在菌の一つになります。普段(健康な時)は、その免疫により繁殖することを防いでいるのですが、これが体調不良(風邪、ストレス、疲労、月経前など)で体の免疫が落ちると、たちまちカンジダが繁殖してしまうそうです。

なおカンジダのような菌は、適度な温かさと湿気がある環境だと、とても繁殖してしまう傾向があります。そのため常に通気性の悪い下着や衣類などを着ていることが多い女性の方がカンジダを発症させてしまうリスクがあるそうです。

このことからも男性は、性器が体外に露出しているので性器カンジダ症を引き起こしにくいわけです。ただ男性でも包茎の場合は、この限りでは無いようですが・・・

なお性感染症は、パートナーとの性行為によって感染するケースが多いですが、女性のカンジダ膣炎については性行為の有無に関わらず発症リスクがあるため、例えば性器に異常な痒みがある場合に産婦人科に行ったらカンジダ膣炎と診断されたなんてケースは意外と多いそうです。女性には、ちょっと注意が必要な性病かもしれませんね。

なお一般的なカンジダ膣炎(性器カンジダ症)の症状について紹介しておきます。

●性器カンジダ症の症状(男性)
性器の強い痒みや分泌物、さらに赤く炎症してしまうなどの症状がみられます

●カンジダ膣炎の症状(女性)
性器の強い痒みや『おりもの(ドロっとしたヨーグルト状や、ボロボロしたチーズ状の『おりもの』には要注意)』、さらに炎症などの症状がみられます。

カンジダは適切な治療をすれば、短期間で完治するといわれていますが、次に検査方法や治療方法について紹介しておきます。病院では、綿棒で性器の粘膜を調べ、カンジダの有無を確認するそうです。ここで発見されると、膣坐薬の挿入や膣洗浄、さらに軟膏(抗真菌薬)を塗布したりして治療していきます。

なお膣洗浄は、症状を鎮めるには有効なのですが、毎日のように過剰に膣内を洗浄すると、善玉菌まで洗い流されるため、かえって性感染症にかかりやすくなるようです。この部分には、注意が必要ですね。

特にカンジダは、性器が蒸れることで発症するケースもあるため、短期間で完治したとしても発症原因(生活習慣など)を改善しないと再発、もしくは慢性化することもあります。ぜひ注意してください。
posted by 性病検査STDチェッカー at 12:42 | 性感染症や性病の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。