EBウイルス(ヘルペスウイルスの仲間)に注意!

確かヘルペスは、完治薬が無いらしく、風邪や疲れなど免疫力が低下したときに再発する特徴があるんだよね!

ヘルペスの仲間のEBウイルス 成人になるまでに9割が感染(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20120331_97750.html

 EBウイルスは世界中に蔓延するヘルペスウイルスの仲間で、90%以上が成人になるまでに感染する。唾液を介して感染が広がるが、近年は衛生状態の改善や離乳食の普及などで乳幼児は感染を免れ、思春期や成人になってから感染する例が増えている。

 通常、EBウイルスに感染すると、発熱やだるさといった軽い風邪のような症状を呈し、それが治まるとBリンパ球内にウイルスが潜伏して終生宿主と共生する。しかし、思春期から成人にかけて初感染すると、高熱や肝機能異常、リンパ節が腫れるなど強い免疫反応が起こる伝染性単核球症を起こすことがある。大阪府赤十字血液センターの河敬世(かわ・けいせい)所長に話を聞いた。

「EBウイルスは、人にがんを起こすウイルスとして最初に発見されました。アフリカのバーキットリンパ腫や中国沿海部に多い上咽頭がんがそうです。さらに伝染性単核球症、ダンカン症候群、慢性活動性EBウイルス感染症、1990年代以降には一部の胃がん、蚊アレルギー、エイズ関連リンパ腫、種痘様水疱症、移植後リンパ増殖症など、多くの病態に関与することがわかっています」
posted by 性病検査STDチェッカー at 13:36 | 性病関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登録衛生検査所のこと!

性病検査キットでは、採取した検体を委託している登録衛生検査所に送ることになります。この登録衛生検査所は、国の認可を受けた検査所のことで、病院の検査などでも利用することがあるそうです。例えば性病検査キットのSTDチェッカーセルシーフィットなどは、委託検査なので検体を採取した後は登録衛生検査所に送って検査することになります。ただ、なかには自社ラボが登録衛生検査所の認可を受けているケースもあります。例えばふじメディカルの自社ラボは、横浜市の登録衛生検査所に指定されています。そのため検体到着後、スピーディーに検査に入れるメリットがあるわけです。ただ検査の時間は、どこも大差ないかもしれません。最短では、どこも2日程度で検査結果が出るようですが、これは検査項目が少ない場合!検査項目が多い場合は、少し時間もかかるわけです。それでも病院の検査よりは早いですが・・・
posted by 性病検査STDチェッカー at 15:14 | 性病検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の性病、膣トリコモナス症とは!

女性の性病として膣トリコモナス症があります。膣トリコモナス症は、きちんと治療しておかないと妊娠や出産にも影響を及ぼす恐れがある怖い性病の1つといえます。膣トリコモナス症の症状は、黄緑っぽく、ニオイの強い『おりもの』が出るのが特徴です。トリコモナス原虫が感染することで発症するそうです。さらに性器あたりに炎症が起こるらしく、強い痒みなども感じるそうです。なお膣トリコモナス症を放置すると、子宮内や卵管にまで炎症が拡がり、不妊・流産・早産などを引き起こすこともあるそうです。なお治療方法は、抗トリコモナス剤を服用すると2週間程度で治療できるそうです。特に女性の性病は、妊娠・出産のこともあるので、定期的に『性病検査STDチェッカー』やふじメディカル 性病検査キットなどの性病検査キットを活用したいものです。
posted by 性病検査STDチェッカー at 15:44 | 性感染症や性病の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病検査キットは、本当に匿名検査なのか?管理人の体験談!

性器周辺の異変を感じたら性病検査STDチェッカー 匿名検査などが便利です。あれは匿名検査になりますが、本当に名前とか書かないで検査することができます。実際に『性病検査STDチェッカー』の検査申込書には、名前や住所を書く必要がありません。名前の代わりに、自分で決めたIDとパスワードを検査申込書に記入するだけです。このID/パスワードで検査結果の確認(パソコンもしくは携帯電話で)をするわけです。ただ細かいことをいえば、検査結果を紙で欲しい場合は、パソコン上からPDFで印刷できますが、印刷できずに郵送して欲しいという場合は名前と住所が必要になります。郵送するのでこれは仕方がないですが・・・管理人が検査結果を使ってみた感想(体験談)としては、思った以上にセュリティというかプライバシー管理がシッカリして、使い勝手が良かったことですね。
posted by 性病検査STDチェッカー at 15:01 | 性病検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発リスクが高い性病が性器ヘルペス!治療には1年以上?!

潜伏力が強く、一度感染すると完治に時間がかかるとされている性病・性感染症(STD)がヘルペス(性器ヘルペス)です。このヘルペスは、現在でも完治薬が無いらしく、その治療は主に再発治療や再発予防治療になるそうです。

なお一般的に性器ヘルペスは、1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)の2種類があるのですが、現在のオーラルセックスの多様化で今では分類分けしないようです。ただ覚えておきたいのは、普通は性病といえば性器感染を思いつきますが、ヘルペスは口から感染することがある性病ということです。

次に性器ヘルペスの症状についてですが、感染後2日〜10日の潜伏期を過ぎると、患部付近に水泡ができ、さらに水泡は潰れ、潰瘍状になるそうです。痛みが出るのは、潰瘍状になってからで、中には神経痛を伴うこともあります。この神経痛により排尿障害や排便障害などを引き起こすこともあるそうです。

なおヘルペス感染者は女性の方が多いらしく、感染者のパートナーは無症状(7割程度)という報告もなされているようです。

性器ヘルペスに感染した場合の治療方法は、保険適用により抗ヘルペス剤(バルトレックス・ゾビラックス、内服薬)や、抗ヘルペス剤軟膏(塗り薬)で治療するのが一般的だそうです。ただし治療期間は、1年ほどにもなり、根気よく治療を続ける必要があります。

さらにヘルペスウイルスというのは、潜伏力が強いため体の免疫力が落ちることで再発するケースが多いそうです。特に神経節などに潜伏し、例えば風邪や疲労・ストレスなどで体の免疫力が落ちた時にヘルペスが発症するそうです。

特に女性の場合、月経のたびに性器ヘルペスが発症し、これにより精神的に追い詰められてしまう方が少なくないそうです。

●まとめ

【性器ヘルペスの症状】
・痛みを伴う! 水泡が潰れた後の潰瘍の痛みと神経痛。患部近くの神経麻痺。排尿障害や排便障害など。
・再発の恐れ! 疲労・ストレス・月経など体の免疫力が落ちると発症(再発)することがある。

【性器ヘルペスの感染や診断方法】
感染の有無を確認するには、性器付近に特有の水泡や発疹(浅い潰瘍など)ができて痛みや痒みを伴うため、すぐにわかるそうです。また水泡内のウイルス細胞検査などで感染の有無を調べることもできます。

特に治療期間が長く、また体の免疫力が落ちることで再発することが多い性器ヘルペスですが、性器周辺に違和感があるようなら専門医に診てもらいましょう!
posted by 性病検査STDチェッカー at 15:54 | 性感染症や性病の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。